利用規約

科学技術振興機構(JST) 社会技術研究開発センター(RISTEX)の「高齢者の詐欺被害を防ぐしなやかな地域連携モデルの研究開発」プロジェクト(以下、「当プロジェクト」といいます)が提供する「わたなべ教授のサギ抵抗力しんだ〜ん」ツール(以下、「本ツール」)は、以下の利用規約に同意された場合にのみ利用できます。

  1. 本利用規約に同意した者(以下「利用者」といいます)は、当人の詐欺抵抗力を判定するために本ツールを利用できます。
  2. 本ツールの質問に対する回答、ツールの判定結果、プロジェクトから利用者を識別するコードを配布している場合は利用者を識別するコード(以下これらを合わせて「利用者データ」といいます)はすべて当プロジェクトが管理しているサーバーに記録されます。
  3. 当プロジェクトは、本ツールの改善や新ツールの開発に役立てるためや詐欺被害を防ぐ研究開発をすすめるためのために利用者データを利用します。本ツールには、自己の判定結果に基づく個別のカウンセリングを希望する場合を除き、個人情報やプライバシーを含む情報、営業秘密等、第三者に対し秘密にしておく必要がある情報は入力しないでください。
  4. 当プロジェクトは、利用者データから作成する統計情報を研究目的等で第三者機関に頒布もしくは、開示することがあります。また統計情報は商用利用に供されることがあります。ただし統計情報に個人情報は含まれておらず、個人を特定することはできません。
  5. 当プロジェクトが、利用者による本ツールの利用方法について、過剰な利用であるなど、不適切であると判断した場合には、当該利用者の利用を予告なく制限することがあります。
  6. 本ツールの利用の際に必要となる通信料等の費用は、すべて利用者の負担となります。本ツールの使用により利用者の予測の範囲を超える費用が発生した場合であっても、当プロジェクトはその補償は行いません。
  7. 当プロジェクトは、本ツールによる詐欺抵抗力の判定結果の正確性を保証しません。判定結果はあくまで参考とし、詐欺被害の防止を心がけてください。本ツールの利用により利用者に如何なる損害が生じても、当プロジェクトは一切の責任を負いません。利用者の詐欺被害に対し当プロジェクトから補償を行うこともありません。
  8. 当プロジェクトは、予告なしに本ツールの仕様を変更する場合があります。
  9. 本ツールは性能評価・性能向上・改良、ユーザビリティ調査、ビジネスモデル検証等のための実証実験のために公開されています。そのため本ツールは予告無く提供を終了する場合があります。
  10. 当プロジェクトにおける個人情報の取扱いに関しては、本利用規約に記載の内容の他、当プロジェクトのホームページ(https://defrec.jp/)に示すプライバシーポリシーに則り、適正に取り扱うこととします。
  11. 本利用規約の有効性、解釈及び履行については、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。当プロジェクトと利用者等との間での論議・訴訟その他一切の紛争については、訴額に応じて、秋田簡易裁判所又は秋田地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
  12. 利用規約の改定について
    当プロジェクトは、予告なくして利用規約の全部又は一部を改定することがあります。変更した場合には、本サイト(https://defrec.jp/)でお知らせします。
    • 2019年2月 2日 制定
    • 2019年5月24日 改定
    • 2019年7月30日 改定
    • 2019年9月 2日 改定

端末を縦にして表示してください。